AGA治療を始めるタイミングと始めてからの通院の流れについての説明

AGA治療はカウンセリング、診断、そして検査を経てようやく本格的な治療という形に入っていきます。治療の際には場合によってはクリニックへの通院などが必要になったりもしますのでその際には医師の指示に従って治療を行うようにしましょう。

■AGA治療を始めよう
まず検査結果で特に問題がなければ頭髪、頭皮の状態に応じてAGAの治療薬が処方されることになります。経口薬であるフィナステリド、外用薬のミノキシジルと言った一般的なAGA治療薬のほか、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの育毛、発毛には欠かせない栄養分を補給するためのサプリが処方されることになります。

基本的には、1度の通院で1カ月程度の分量が処方されるので用法容量を守り指示通りに服用するように気をつけましょう。このあたりは通常の病気などとやることは同じですね。

■AGA治療の通院について
AGA治療は、処方を受けてからはまず薬を全部使い切るまでは通院をする必要はありませんが、1か月ごとの薬が切れるころ合いにまた定期的にAGAクリニックへと通院する必要があります。その際には、薬の処方は勿論なのですが発毛の状況や健康状態などの診察が定期的に行われ、それによって次の治療薬の処方が決まりますので改善状況によって今後の薬の量や内容も変わってくるというわけです。

■まとめ
AGA治療は、薬での治療には時間がかかります。なので、結構長い間の通院が余儀なくされるんですね。月1程度の通院でいいので、それほど頻繁に足を運ばなくてはいいけないというわけではないのですが、毎月一度はしっかりと時間を作っておかなくてはいけないので、普段の日程調整などはしっかりと行っておくといいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ